業主婦カードローンの限度額

専業主婦がカードローン会社で借りられる限度額とは

専業主婦は総量規制の関係で消費者金融での借り入れはできませんが、一部の銀行が提供している専業主婦向けカードローンなら利用することができます。
利用限度額は一般のカードローンと同じく、初回の審査で決定します。
銀行カードローンの限度額を決める要素となるのは申込者本人の返済能力です。
返済能力は本来であれば本人の年収や勤続年数などから、どれくらいまで融資を行っても返済可能なのかを判断します。
専業主婦は自分自身に収入がないため、配偶者に安定収入があることが利用条件とされています。
夫に返済能力があることを前提に審査が行われるわけですが、特に夫の収入証明書などを提出する必要はありません。
また夫の同意書も不要で申し込みできます。

専業主婦の利用限度額は少額です

借りたお金を返すにあたって夫の収入に頼らざるを得ない専業主婦の場合、どうしても限度額は低くなってしまいます。
個人個人の条件によって異なりますが、大体5万円〜30万円といったところです。

最高金利をチェック

銀行カードローンを比較するときには最低金利の低さに目を奪われがちです。
でも限度額が少額であれば金利は最高金利が適用されることになるので、専業主婦の場合はむしろ最高金利の数字がポイントとなってきます。
より最高金利が低いカードローンを選ぶと、お得に借りられることができます。

限度額は控えめに申請する

専業主婦の限度額はある程度限られてくるということを念頭に、申込み時に申請する希望限度額は控えめにしたほうが審査に通りやすいでしょう。

限度額は増額することもある

銀行カードローンで利用実績をつくると、後日限度額がアップする可能性もあります。
少額の借入れを繰り返しつつ、きちんと返済を行っていくことが信頼性を高めることにつながります。
そのためには月々の返済を延滞しないことが大前提になります。

利用は計画的に

限度額の範囲内で何度でもキャッシングできる便利さから、ついつい借りすぎてしまう危険もあります。
主婦は家計のやりくりを任される責任ある立場です。
家族の生活を圧迫することのないよう、返せる範囲で必要最低限の借り入れにとどめましょう。

こちら(⇒即日借りられる銀行カードローンを探している専業主婦の為のサイト)でさらに詳しく書かれています。