キャッシングローンで設定される金利

キャッシング会社の金利

キャッシングローンは、消費者金融などが提供しているローン商品のサービス名です。キャッシングは現金を意味しており、その名のとおり現金を用立てることができるというものですが、借入れには審査を受ける必要がありますし、借りた日数に応じてその手数料として金利を支払う必要があります。もちろん返済も定められた通りに行う必要があります。一方でサービスを利用するさいには借入れる本人の信用力で行なわれるので、担保や保証人は不要でまた一定の収入があれば誰でも利用することができるため、銀行のカードローンなどと比較して人気があります。
キャッシングローンといっても提供しているのは貸金業者であるため、その種類はさまざまです。特に悪質な業者もあるため業者選びは重要です。安心して利用できるのは銀行の子会社となっている大手から中堅どころの消費者金融です。また銀行の子会社となったところはサービスを直接提供せずに銀行が窓口となっているケースもあり、その場合には銀行のカードローンを利用する方が安心して利用することができます。特に地方銀行のキャッシングでは生活圏内で利用できるATMやCDが多くあるため人気があります。
設定される金利は、はじめての利用であれば上限金利である18%前後が設定されるのが一般的です。特に50万円以下の少額であれば、この金利からのスタートになります。利用し続け問題なく返済を行えば金利の引き下げを行うことができますが、低い信用力の場合にはおおむね15%前後が下限となっています。