すでに借入があっても借りれるか

カードローン会社で借りる条件

消費者金融や銀行が提供するキャッシングサービスは、暮らしの中でお金に困った時に頼れる便利な助け舟ともいうべきもの。必要なタイミングで的確に活用することでピンチをうまく切り抜けて、不自由のない、より良い生活へとつなげていくのに最適です。とりわけこれらの金融機関のカードローンは、一枚の個人カードを発行して持ち歩くことで、お金の必要性に合わせてATMからいつでも簡単に融資金を引き出すことが可能となります。

 

これらのキャッシングを利用するには借入先の審査を受けてクリアしなければなりません。店舗窓口や自動契約機、電話、ウェブなどから必要事項を伝えた上で身分証明書や年収証明書の提示を行うことで審査を受けることができますが、この際にも注意すべきことがあります。

 

例えば消費者金融の借入契約では総量規制といった決まり事が重要となり、これらの金融機関では申請者の年収の3分の1を超える融資を行うことができません。そのため審査では信用情報機関への照会を通じて、他社からのこの基準以上の借入を行っていないかどうかが精査されます。

 

基本的にこの基準を超えていなければ、他社からの借入があってもまだ借りることができますが、しかし各社の基準によって融資を控える業者が存在することも確かです。まずはネットの口コミなどをチェックした上で、どれが自分の現状や条件に最適な業者なのかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

 

また、銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低い上に、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える融資を受けることも可能です。ただ、これもまた各銀行の定める融資基準が全てなりますので、中には審査に通りにくいものがあるのも確かです。まずはネットの口コミなどで自分に適したものかどうかを綿密にチェックしてみることが求められます。